Orico Card iD×QUICPay(オリコカード アイディ クイックペイ)

カード一覧

Orico Card iD×QUICPay

オリコカードが発行しているクレジットカード「Orico Card iD×QUICPay(オリコカード アイディ クイックペイ)」は、電子マネーのiDとQUICPayの両方の機能を備えた珍しい一枚です。

2つの電子マネーを一体型で持てるので、電子決済できるお店が広がり、サイフの中身も軽くなります。

電子マネー支払いに強みを持つOrico Card iD×QUICPayですが、年会費永年無料のクレジットカードとしても知られており、もし使う機会がなくても年会費が発生することはありません。

入会資格は、原則として年齢18歳以上の方(高校生は不可)です。

審査基準もさほど高くなく、誰でも気軽に持ち歩ける利用価値の高いクレジットカードとなっています。

また、iDとQUICPayのロゴマークに加え、木のツルをあしらったブラック調のカードデザインも、男女問わず受けの良いデザインだと思います。

Orico Card iD×QUICPayの特徴

Orico Card iD×QUICPay(オリコカード アイディ クイックペイ)の特徴をまとめます。

さまざまな特典がありますが、中でも年会費永年無料は大きなポイントです。

電子マネー最強カード

iD・クイックペイ

カード名の通り、2つの電子マネーが使えます。

iD(アイディー)
NTTドコモが展開している電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
JCBカードが展開している電子マネー

どちらも広く普及しており、数多くのお店で使える電子マネーです。

しかし、これらは規格が違うため、使える店舗が異なります。

電子マネー「iD」搭載のクレジットカードだけを持っていても、クイックペイ加盟店では電子マネー支払いができないのです。

しかし、2つの電子マネーが一体型になっているOrico Card iD×QUICPayを持っていれば、どちか一方の電子マネーの加盟店でも問題なく支払いが行なえます。

電子マネーはタッチするだけで、サインや暗証番号の入力は必要ありません。

非常にスピーディーな決済ができるので、現金払いでレジの店員さん・後ろに並んでいる人を待たせません。

また、電子マネーで支払った金額もポイント還元の対象になりますので、利用に際してデメリットはありません。利用料も無料です。

ポイント還元率が最大2倍

ポイント還元率

オリコカードが展開しているポイントサービス「暮らスマイルポイント」も貯まります。

通常は1,000円のお買い物につき1ポイントの還元です。

しかし、暮らスマイルポイントは、1年間のカード利用金額に応じて4つのステージがあります。

クレジットカードの年間利用金額が200万円を超えると最高ステージとなり、2倍のポイント還元が得られます。

貯めた暮らスマイルポイントは、1スマイル約5円~10円で、カタログギフトや商品券と交換できます。

ポイント還元率は、「0.5%~2.0%」です。

▼ポイント還元率が高いクレジットカードはこちら

ETCカード・家族カードも永年無料

ETCカード

Orico Card iD×QUICPayでは、高速道路をスムーズに通過できるETCカードや、家族カードの発行も可能です。

家族カード・ETCカードともに年会費は永年無料です。

ETCカードを通じて発生した料金も、すべてポイント付与の対象です。

本会員・家族会員・ETCカードのすべてが永年無料のクレジットカードは珍しいです。

VISA・JCB・Mastercardが選べる

VISA・Mastercard・JCB

カードブランドは、VISA・JCB・Mastercardの3種類から、好きな方を選択できます。

海外での普及率が高いVISA、国内での普及率が高いJCB、そしてその中間に位置するMastercard、どれを選んでも問題はありません。

もしクレジットカードを初めて申し込むのであれば、管理人としてはVISAカードをおすすめしています

なぜなら、VISAは国内・海外における普及率が最も高いため、使えるお店が多いという最大のメリットがあるからです。

ちなみに、JCBは国産のカードブランドです。日本発のクレジットカードブランドにこだわりたい方は、JCBを選択してもよいでしょう。

JCBだからといって、使えるお店が極端に少ないということはありません。

管理人が辛口評価する

クレジットカード広場 管理人のつぶやき

管理人がこのカードを手に入れるべきかどうか、独断と偏見で判断します。

管理人による感想と評価・批評

2つの電子マネーを1枚のカードに入った画期的なクレジットカードです。

さらに、信販会社としては名高い「オリコカード」の金融サービスが利用できる点や、年会費が永年無料であることも評価できます。

普及率が高いiDとQUICPayの両方が一体となっているOrico Card iD×QUICPayを持っていれば、電子マネーが使えるショップはほぼ網羅できると思います。

ただし、最近ではiDとQUICPayの両方の電子マネーに対応している店舗も増えて来ているため、昔ほど2つの電子マネーを持ち歩くメリットはないかもしれません。

オリコカードiD×QUICPayはもちろん、Apple Pay(アップルペイ)に対応しています。

iPhone7以降の機種を持っていれば、電子マネー情報をiPhoneで読み取り、おサイフケータイとして使えます。

ただし、オリコカードの場合、Apple Payは「QUICPay」加盟店でのみ利用可能となっています。

iD・QUICPayの両方のお店で電子マネー支払いをしたい方は、クレジットカード本体も一緒に持ち歩いてください。

Apple Pay対応のおすすめクレジットカードは下記で詳しく解説しています。あわせてご覧ください。

オリコカードiD×QUICPayの口コミと評判

口コミ

電子マネーをお得に使う方法は、姉妹サイト「電子マネーの虎」で解説しています。

次の記事は「可愛すぎてたまらない!キャラクターデザインの年会費無料クレジットカード」です。

可愛いキャラクターデザインで、年会費無料で持てるクレジットカードを紹介しています。

キャラクターデザインカードは、普段持ち歩くのが恥ずかしいので、ネット通販専用として使っている方も多いです。

また、無料で発行できるのでコレクションとしてもおすすめです。

クレジットカードの一括検索システム(無料)