三井住友カード エブリプラス

カード一覧

三井住友カード エブリプラス

三井住友カードの中でも、スタイリッシュなカードデザインが光る「三井住友カード エブリプラス」。

年会費が永年無料なので、持っておいて損はない一枚です。

エブリプラスはリボ払い専用のカードですが、ポイント還元が通常の3倍という特徴があります。

リボ払いを希望する方にとって、メリットの大きいクレジットカードです。

カードの利用限度額は、審査に応じて「10万円~80万円」となります。

入会資格は、満18歳以上の方なので、エブリプラスの審査はそこまで厳しくありません。(高校生は不可。未成年は親の同意が必要)

最短3営業日のスピード発行

スマホを使う女性

三井住友カード エブリプラスは最短3営業日のスピード発行が可能です。

インターネットでの申し込みですべてが完了し、書面での署名・捺印は必要ありません

ただし、最短3営業日のスピード発行を希望する場合は、申込時に金融機関の口座を入力する必要があります。(三井住友銀行以外の銀行でも登録可能です)

なお、三井住友カード エブリプラスはインターネットでのみ申し込み受付となるので、店頭で申し込むことはできないカードです。

三井住友カード エブリプラスの特徴

  • 年会費がずっと無料
  • 最短3営業日のスピード発行
  • ポイント還元3倍
  • リボ払い専用カード

この4つが三井住友カード エブリプラスの特徴です。

支払い方法が「マイ・ペイすリボ(リボ払い)」に限定されるので、そこを理解した上で申し込みしてください。

ポイント還元が3倍

ポイント還元率

エブリプラスでお買い物をすると、三井住友カードが展開しているポイント交換サービス「ワールドプレゼント」のポイント還元が3倍になります。

ワールドプレゼントは通常、クレジットカード利用金額1,000円につき1ポイント付与されます。

しかし、還元率が3倍のエブリプラスなら、1,000円につき3ポイント還元貯まります。

ワールドプレゼントポイントは1ポイント=5円相当の価値があるので、三井住友カード エブリプラスのポイント還元率は1.5%です。

貯まったポイントは、さまざまなカタログギフトや他のポイントと交換できます。

■代表的な交換ポイント(ワールドポイント1ポイントあたりの交換率)

  • ドコモポイント 5ポイント
  • auポイント 5ポイント
  • ビックカメラ 5ポイント
  • ヨドバシカメラ 5ポイント
  • Tポイント 5ポイント
  • その他多数

個人的には、貯めたワールドプレゼントポイントを「iDバリュー」に交換するのがおすすめです。

iDバリューは、電子マネー「iD」利用分に対して充当できる、請求値引きのサービスです。

電子マネーで発生した請求額にポイントを充当して値引きしてもらえます。1ポイントにつき5円の値引きとなるので、効率的にポイント消化できます。

ただし、ポイント還元3倍は、リボ払いによる手数料が発生した場合のみ適用となるので、注意が必要です。

支払い方法はリボ払いのみ

リボ払いの説明

三井住友カード エブリプラスは、リボ払い専用のクレジットカードです。

支払い方法は「マイ・ペイすリボ」のみとなります。

マイ・ペイすリボ(リボ払い)の支払い方法は、上記画像と下記の表を参考にしてください。

▼リボ払いの例

利用・支払い 備考
1月 3万円のお買い物 利用した翌月から支払い開始
2月 5,000円の請求
3月 5,000円+リボ手数料の請求
4月 5,000円+リボ手数料の請求
5月 5,000円+リボ手数料の請求
6月 5,000円+リボ手数料の請求
7月 5,000円+リボ手数料の請求 1月の利用額3万円を支払い完了!

※リボの支払金額を毎月5,000円にした場合(毎月の支払金額は自分で自由に設定可能)

リボ手数料を支払いたくない場合は、「毎月のリボ支払額 = カードの限度額」に設定します。

すると、強制的に一括払いになるため、リボ手数料がかからず、通常の年会費無料クレジットカードとして利用できます。

ただし、ポイント還元率3倍の特典は、リボ手数料が発生した場合のみ対象となりますので、この方法を使った場合、ポイント付与率は通常のカードと同じになります。

マイ・ペイすリボは、毎月一定額の支払いを継続しておこなう支払い方法です。

毎月の支出額をコントロールできる反面、分割払いになるので手数料が発生します。ただし、手数料が発生した月は、ポイント還元率が3倍となります。

とはいえ、リボ手数料は決して低くありませんので、ポイントが3倍になっても、それ以上の手数料がかかります。

三井住友カードエブリプラスはあくまでも「リボ払いをしたい方が、その中で最大のメリットを感じられるカード」なのです。

リボ払いを特に希望していない方は、「三井住友VISAクラシックカード」など、リボ専用ではない通常のクレジットカードをおすすめします。

毎月の支払額はいつでも任意で変更することが可能です。

実績に応じてリボ適用利率を大幅引き下げ

割引

リボ払いの利用者には嬉しい、返済実績に応じて「利率の引き下げ」を行なってくれます。

返済実績に応じて「実質年率17.0%→13.0%」まで利率が下がるので、リボカードの利率としては圧倒的低金利でリボ払いが利用できることがわかります。

リボ手数料(リボ金利)は高めに設定されていることが多いです。

しかし、年率13.0%であれば、他のクレジットカードのリボ手数料と比較してもかなり低めの水準となります。

電子マネーの搭載が可能

電子マネーiD、Apple Pay

三井住友カード エブリプラスには電子マネーの搭載ができ、一体型カードとして使うことも可能です。

対応している電子マネーは「iD」、「WAON」、「PiTaPa」の3種類となります。

  • iD:カード一体型、Apple Payに対応
  • WAON:専用カードを発行
  • PiTaPa:専用カードを発行

iPhone7以降の機種をお持ちの方であれば、Apple Pay(アップルペイ)による支払いが使えます。

三井住友カード エブリプラスのデータをiPhoneで読み取ることで、お持ちのiPhoneを「おサイフケータイ」として使えます。

電子マネーiDの加盟店で、クレジットカードを持たなくてもiPhoneだけでスピーディーな支払いを実現できます。

もちろん、サイン・暗証番号は不要です。

ネットショピングの補償サービス

スマートフォンを見る女性

ネットショッピングをする際に、クレジットカード番号の登録や入力を求められるケースが増えています。

基本的には安全なのですが、場合によってはカード番号を悪用されたり、情報漏えいによって、覚えのない請求がくる可能性もゼロとはいえません。

ネットショッピングにおいて、万が一身に覚えのない請求が届いた場合は、三井住友カードが請求をキャンセル、もしくは請求金額を補償してくれるので安心です。

三井住友カード エブリプラスには盗難補償もついています。

もしカードを紛失してしまった場合でも、カード会社が不正な請求をキャンセルしてくれます。

日常生活でも安心して持ち歩けるカードだからこそ、多くの人が三井住友カードを選択しているのです。

ショッピング保険でさらに安心

エブリプラスを利用して購入した商品が90日以内に破損してしまったり、盗難にあってしまった場合でも安心です。

クレジットカードに搭載されている「ショッピング保険」で、年間100万円までを三井住友カードが被害額を補償してくれます。

ショッピング保険は事前の申込・登録は不要です。すべてのカード会員が対象となっている制度です。

カードブランドはVISAのみ

VISA

三井住友VISAカードで利用できるカードブランドは、VISAのみとなります。

国内普及率No.1、アジア普及率No.1のVISAブランドは、世界中のあらゆる場所でクレジット決済ができる、非常に強いカードブランドです。

三井住友カード エブリプラスを辛口評価する

クレジットカード広場 管理人のつぶやき

三井住友カードのリボカードが「エブリプラス」です。

年会費永年無料、ポイント還元3倍など、魅力的な特典が多いこと、そしてカードデザインがとてもカッコいいと評判のクレジットカードです。

しかし、原則リボ払いが必要になるので、月々の支払いには手数料が上乗せされます。

リボカードが欲しい方にとっては、最低利率 年13%という低金利のエブリプラスは検討するメリットが十分あります。

しかし、一般のクレジットカードを使いたい方は、わざわざリボ専用のエブリプラスを選択するメリットはさほどないように思います。

リボ払いではない三井住友VISAカードは下記の記事で比較しています。リボカードを希望されない方は下記の記事をご覧いただければと思います。

エブリプラスの口コミ

口コミ