三井住友VISAデビュープラスカードの口コミまとめ!20代から評判が高い理由とは?

クレジットカードの口コミ・評判

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカードは、学生や新社会人から評判の良い三井住友VISAカードの1つです。

18歳~25歳の人しか申し込みができないという制限があるため、ポイント還元率が他クレジットカードと比較しても高く、入会後3ヶ月ポイント5倍(還元率2.5%)にもなります。

初めてクレジットカードを作る人にもおすすめの1枚で、特にクレジットカードで万単位の高額な支払いをしたい時には、ポイント5倍は非常にお得感があります。

最短3営業日で発行されるので、すぐにクレジットカードで支払いたい場合も間に合います。

実際に三井住友VISAデビュープラスカードを利用したり、検討したりしている人からの評判や口コミ情報をTwitterから調べてみました。

ポイント還元率が2.5%と高い

ポイント還元率

三井住友VISAデビュープラスカードは、入会後3ヶ月はポイント5倍(還元率2.5%)、それ以降もポイント2倍(還元率1%)と、三井住友VISAカードの中でもポイント還元率が高めです。

一般的な三井住友VISAカードの「1,000円ごとに1ポイント(還元率0.5%)」と比較しても、貯まりやすさが倍になっています。

年会費無料のクレジットカードで還元率1%は珍しくない話ですが「三井住友VISAカードで」となると、非常に限られます。

ノートパソコンやカメラ、大型家具、バイク、ブランドの財布など「大きな買い物」をする前に、三井住友VISAデビュープラスカードに申し込んで、支払いをすれば、大量のポイントが獲得できます。

更に新規入会キャンペーン「最大7,000円キャッシュバック」などの特典が受けられる時期であれば、欲しいものがかなりお得に手に入れるチャンスです。

またiDやApple Payや楽天ペイなどの後払い型支払いサービスにも対応しているスマホ機種を持っていれば、コンビニなど日常的な買い物でもポイントが獲得しやすいです。

代金は後日クレジットカードから支払われるので、財布にお金がない時でも買い物ができ、ATMでお金を引き出す手間や手数料もかかりません。

年間累計金額に応じてボーナスポイントプレゼント

ポイント還元率

またカードの年間利用額(毎年2月~翌年1月)に応じて、ボーナスポイントも受け取れます。

この特典は三井住友カードに共通するもので、年間累計金額ごとにステージが分かれて、各ステージの特典が1年間(翌年2月~翌々年1月)維持されます。

ステージ 年間累計額 特典
V1 50万円~100万円 50万円で50ポイント
以降10万円ごとに10ポイント
V2 100万円~300万円 50万円で75ポイント
以降10万円ごとに15ポイント
V3 300万円以上 50万円で150ポイント
以降10万円ごとに30ポイント

ボーナスポイントは年間累計金額が50万円以上から獲得できるので、カードを使えば使うほど、実質的なポイント還元率が上がるという訳です。

クラシックカード(学生カード)より長くお得に使える

三井住友VISAクラシックカード

学生カード比較 デビュープラス クラシック
年会費(初年度) 無料 無料
年会費(2年目以降) 年1回以上の利用で無料 在学中はずっと無料
海外旅行保険 なし 最高2,000万円
国内旅行保険 なし なし
利用可能枠 最大80万円(学生は30万円) 最大30万円
ポイント還元 ポイント2倍(入会後3ヶ月は5倍) 1,000円ごとに1ポイント(還元率0.5%)
電子マネーiD 専用カードを発行 クレカ一体型

学生向けの三井住友VISAカードには「三井住友クラシックカード」もあります。

通常のポイント還元率で比較すると倍以上の差があり「クレジットカードの利用でポイントを貯めたい」と思う人には、やはりデビュープラスカードの方が使い勝手が良いです。

また三井住友クラシックカードの年会費無料は「在学中」に限定されますが、デビュープラスカードは年1回の利用(支払い)さえすれば、卒業後も年会費無料で、ずっと使い続けられます。

卒業後は利用限度額が80万円まで増額も可能なので、社会人になってから大きな支払いをする機会があっても困りません。

旅行保険の付帯はなし

海外旅行保険

三井住友VISAデビュープラスカードのデメリットには「国内外の旅行保険が付帯していない」ことが挙げられます。

旅行保険とは、旅行先でケガや病気、持ち物が盗まれたり壊れたりした時などに、保険会社が費用や代金を補償してくれる安心サービスのことです。

旅行や留学の際に、三井住友VISAデビュープラスカードで代金を支払ったり、持っていたりしても、一切の補償は受けられません。

その為「海外での補償を手厚くしたい」と考えるならば、海外旅行保険が付帯したクレジットカードを発行するか、別に海外旅行保険へ加入する必要があります。

ちなみに「三井住友VISAアミティエカード」(女性限定)は、国内・海外旅行保険の補償が充実している三井住友カードです。

カードを持っているだけで補償が適用される「自動付帯」なので、サブカードとしても役に立ちます。

もちろん、年に何回も海外へ行く予定がなく、普段使いのクレジットカードを考えているならば「三井住友VISAデビュープラスカード」を持つ価値は充分にあります。

自動的にプライムゴールドカードにランクアップされる

デビュープラスカード→プライムゴールドカード

三井住友VISAデビュープラスカードは、満26歳を迎えた後の更新で「三井住友VISAプライムゴールドカード」に切り替わります。

三井住友VISAプライムゴールドカードとは、20代限定のゴールドカードで、特典やサービスが更に充実した1枚です。

例えば全国にある空港ラウンジを無料で利用できたり、最高5,000万円の国内旅行・海外旅行保険が付帯したりと、一般カードでは物足りなさを感じていた部分が解消されます。

三井住友VISAプライムゴールドカードついては、下記の記事も参考にどうぞ。

また三井住友VISAプライムゴールドカードは満30歳を迎えると「三井住友VISAゴールドカード」にアップグレードされます。

「将来的にゴールドカードを持ちたいけれど、厳しいかも…?」と思う人でも、25歳までに三井住友VISAデビュープラスカードを持てば、ゴールドカード取得への道のりが、かなり楽になります。

ゴールドカード取得までの道のり

18歳~25歳
三井住友VISAデビュープラスカードに申し込み、利用を続ける。

26歳~
満26歳になった後、最初のカード更新で自動的に「三井住友VISAプライムゴールドカード」にランクアップされる。

30歳~
満30歳になった後、最初のカード更新時に「ゴールドカード」が受け取れる。

三井住友VISAゴールドカードを持つことで、空港ラウンジが利用できたり、旅行保険がより充実していたりと、全体的に使い勝手が向上しています。

一方で三井住友VISAプライムゴールドカードの年会費は5,000円+税有料です。

今まで「年1回以上の利用で無料」で使い続けていた人にとっては「年会費が有料になる」ことは大きな負担に感じます。

以下の条件を満たすと、年会費1,500円+税まで値下がりするので、比較的に持ちやすくなると思います。

  • 毎月の明細書を「WEB明細書」にする:年会費4,000円+税
  • 支払いを「マイ・ペイすリボ」にする:年会費2,500円+税
  • 上記の両方を選ぶ:年会費1,500円+税

マイ・ペイすリボとは、三井住友カードの「リボ払い」の名称で、1回払いの利用分が自動的にリボ払いになります。

支払い方法をマイ・ペイすリボにしながら、実質1回払いにする方法については、下記の記事で解説しています。

デビュープラスカードの評判をおさらい

女性

メリット
・他の三井住友VISAカードと比較して、ポイント還元率が高い。
・年1回以上の利用で年会費が無料になる。
・ゴールドカード取得までの道のりが楽になる。

デメリット
・26歳以上は申し込めない。
・旅行保険が付帯していない。
・26歳になった後のカード更新で「プライムゴールドカード(年会費有料)」に切り替わる。

三井住友VISAデビュープラスカードは、18歳から25歳までの人が申し込み可能なクレジットカードです。

年会費は無料、ポイント還元率は1%以上、iDやApple Payなどの支払いサービスにも利用可能で、はじめて持つクレジットカードとしてもおすすめ度が高いです。

「三井住友VISA」という安心と信頼のカードブランドは、持っていて全く損はありません。

学生の頃はクレジットカードの審査に通りやすい時なので、将来的なことを考えても今の内に申し込んでおけば、いざという時にも何かと役に立つと思います。

ちなみにJCBカードでも、20代向けのクレジットカードとして「JCBカードエクステージ」を発行しています。

JCBカードエクステージは「ディズニーデザイン」が選べることでも人気があります。

三井住友VISAデビュープラスカードとJCBカードエクステージは、下記の記事で違いを比較しています。