【PayPay、nanacoは対象外】ヤフーカードのクレジットチャージでポイントが貯まる電子マネー

B! pocket

Yahoo! JAPANカード

ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)では、電子マネーにチャージした場合も、チャージ額に応じたポイントが貯まります

ポイント還元率は0.5~1%と、現金チャージよりも0.5~1%分お得になります。

貯まるポイントは、Tポイント加盟店の支払いに充当できる「Tポイント」で、使いみちに困りません。

今回は電子マネーへのチャージ目的でヤフーカードを使いたい方向けに、主要な電子マネーへのチャージ・ポイント付与の有無をまとめました。

チャージでポイントが貯まる電子マネー

ヤフーカードからチャージが可能で、Tポイントも貯まる電子マネーは、以下のとおりです。

  • au PAY プリペイドカード
  • 交通系ICカード(一部のSuica、ICOCA)

au PAY プリペイドカード:1%還元

au PAY プリペイドカードは、KDDIが展開するMastercardつきプリペイドカードです。

Mastercard・VISA加盟店で、クレジットカードと同じように使えます。

au PAY プリペイドカードへのチャージは、ポイント還元率1%です。

au PAYのチャージに使えるのは、ヤフーカード(Mastercard)のみです。

一部のクレジットカードはVISAやJCBでもチャージ可能ですが、ヤフーカードは対象外です。

交通系ICカード(Suica・ICOCA):1%還元

交通系ICカードでは、Suica(スイカ)と、ICOCA(イコカ)にクレジットチャージできます。

ただし、SuicaカードやSuica一体型クレジットカード、ICOCAカードにはチャージできません。

Suicaは「モバイルSuica」「Google Pay(Suica)」、ICOCAは「SMART ICOCA」で使えます。

いずれもヤフーカードを利用すると、ポイント1%還元になります。

モバイルSuica
FeliCa搭載のAndroidスマホ・iPhone7以降で使えるスマホアプリ
カード情報を登録すると、スマホからいつでもクレジットチャージが可能
Google Pay(Suica)
FeliCa搭載のAndroidスマホで使えるGoogleのスマホ決済サービス
モバイルSuicaよりも使える機能に制限あり
SMART ICOCA
クレジットカードと紐づけて利用するICOCAカードの1つ
通常のICOCAカードは現金チャージのみに対し、SMART ICOCAはクレジットチャージ可能

Apple PayやGoogle Payに登録でQUICPayが使える

QUICPayとApple Pay

ヤフーカードは「Apple Pay」と「Google Pay」に対応しています。

各アプリにヤフーカードの情報を登録すると、QUICPay払いが使えます。

QUICPay加盟店で「QUICPayで支払います」と伝えて、読み取り端末にスマホをかざすと、支払いが完了します。

支払い代金はヤフーカードに請求され、後日、カード利用額と一緒に口座から引き落とされます。

QUICPayのポイント還元率は、紐づけたクレジットカードごとに変わります。

ヤフーカードは1%還元です。

PayPay・nanacoは2020年2月からポイント対象外に

2020年2月1日より、コード決済サービス「PayPay」と、電子マネー「nanaco」へのチャージは、ポイント付与の対象外になりました。

以前 2020年2月1日~
PayPay残高へチャージ、PayPay決済 Tポイント1% なし
nanacoへチャージ Tポイント0.5% なし

PayPay

PayPay(ペイペイ)

コード決済のPayPayは、PayPay残高から支払うと、利用金額の0.5%がPayPayボーナスとして還元されます。

ヤフーカードはPayPay残高に唯一チャージ可能なクレジットカードで、チャージ金額の1%がTポイントとして還元されていました。

そのため、2020年2月以前は、PayPayとヤフーカードの組み合わせで、合計2.5%のポイント還元ができました。

ヤフーカードからチャージ(1%)+PayPay残高から支払い(1.5%)=2.5%

2020年2月以降はヤフーカードからのチャージはポイント対象外となり、「元々のPayPay支払いで0.5%」のみ適用になります。

nanaco

nanaco

2020年2月以前は、ヤフーカードからnanacoへチャージすると、200円ごとに1ポイントが貯まりました。

2月1日以降は、チャージ自体は可能ですが、ポイント付与の対象外です。

ヤフーカードからnanacoへのチャージについては、

JCBブランドのみチャージ可能(ポイント1%還元)
  ↓
すべての国際ブランドからチャージ可能(ポイント0.5%還元)
  ↓
すべての国際ブランドからチャージ可能(ポイント還元なし)

と、特典内容が変わるごとに改悪になっていったので、ポイント付与なしも時間の問題だったのかもしれません。

ちなみに、nanacoへのチャージでポイントが貯まるクレジットカードは、減る一方です。

サイト管理人の個人的な意見ですが、最後までクレジットチャージでポイントが貯まるのは、nanacoと同じセブン&アイグループの「セブンカード・プラス」だと思います。

Tマネーはチャージ可だがポイント還元なし

Tマネー

Tマネーとは、Tカードに付帯するプリペイド型電子マネーです。

2018年3月16日より、Tマネーのクレジットチャージにヤフーカード(JCB・Mastercard)が対応しました(VISAは対象外)。

ただし、ヤフーカードからクレジットチャージしても、ポイント還元はありません

正直にいうと、Tマネーは使えるお店が少なく、ほかの電子マネーと比べてポイント還元率がかなり低いです。

クレジットチャージでのポイント還元もないので、わざわざTマネーを使う必要はありません。

チャージ不可の電子マネー

ヤフーカードからチャージができない電子マネーは、以下のとおりです。

  • 楽天Edy
  • WAON
  • 交通系ICカード

いずれも提携クレジットカードからのチャージのみ利用できます。

楽天Edy、WAON

楽天Edyカードは楽天カード、WAONカードはイオンカードからクレジットチャージが可能です。

ポイント還元率はいずれも0.5%(200円ごとに1ポイント)です。

楽天カードはコード決済の「楽天ペイ」に紐づけて、後払いにも使えます。

数あるイオンカードのうち、WAONへのチャージでポイントが貯まるのは、イオンカードセレクトのみです。

通常200円ごとに1ポイントの付与ですが、毎月5のつく日のお客さまわくわくデーにオートチャージすると、ポイントが最大3倍アップします。

Suica・ICOCA以外の交通系ICカード

全国相互利用サービスに対応する交通系ICカードのほとんどが、提携クレジットカードのみチャージ可能です。

PASMO
PASMO提携のクレジットカード(東京メトロ To Me CARD、OPクレジットカードなど)
Kitaca
イオンカードKitaca、JRタワースクエアカードKitaca
manaca
wellow card、名鉄ミューズカード
SUGOCA
JQ CARD、イオンSUGOCAカード
nimoca
クレジットnimoca(nimoca セゾンカード、nimoca JCBカードなど)

JR東海の「TOICA」と、福岡市地下鉄の「はやかけん」については、現金チャージのみ使えます。

ヤフーカードに関する記事

この記事の執筆者

執筆者の詳細プロフィール
「賢者が選ぶ!年会費無料クレジットカード大全集」初代管理人です。年会費無料カードから高級カードまで幅広く所有。最近はお気に入りのクレジットカードをiPhoneに登録して、Apple Payで支払うことが増えました。

より良い情報をお届けするため、疾風AI がメンテナンスを担当いたしました。( 更新)

ありがとうございます。

カードブランドで選ぶ