イオンカードで貯まるときめきポイントの使い方!電子マネーWAONや商品券への交換はお得?

活用術

ときめきポイント

イオンカードセレクトやイオンカードなど、イオンマーク付きのクレジットカードで支払うと、ときめきポイントが獲得できます。

毎月5日20日はイオングループ店舗で5%OFFといった買い物時の割引優待など、お得な特典の多いクレジットカードです。

一方でときめきポイントの還元率は0.5%(200円ごとに1ポイント)、交換可能なポイント数は1,000ポイント以上など「カード利用で貯まって使えるポイント」に関しては、少し使い勝手の悪さを感じることもあります。

今回はイオンカードの「ときめきポイントを貯める、使う」に注目して、ときめきポイントを効率良く多く貯める方法お得な交換先について紹介したいと思います。

ときめきポイントの貯め方

イオンマーク付きカードで支払う

イオンカードセレクト

イオンマークの付いたクレジットカードで支払うことで、ときめきポイントが200円ごとに1ポイント貯まります。

イオングループの対象店舗で買い物をすればいつでもポイント2倍、毎月10日の「ときめきWポイントデー」はイオングループ以外でもポイント2倍になる特典も付いています。

他にも毎月の利用明細をWEB明細にすれば、年間で最大120ポイントがもらえます。

代表的なイオンマークのカードは以下の通りです。

一部のイオンマーク付きクレジットカードでは、ときめきポイントが貯まらない場合もあります。例えば、イオンJMBカードはJALのマイルが付与されます。

ちなみにクレジットカードを利用した電子マネーWAONへのチャージは、WAONポイントは貯まりますが、ときめきポイントの付与対象外です。

他にも公共料金の支払いに使えば、買い物で利用しなくてもときめきポイントは貯められます。

ただしポイント還元率は0.5%と「並」なので、他の年会費無料で還元率が高いクレジットカードで支払った方が、ポイントが多く貯められます。

あくまでもイオンカードは毎月20日30日のお客様感謝デーは5%OFFなど「イオングループでの買い物でお得になるクレジットカード」と言えます。

ときめきポイントクラブでポイント2~3倍

ポイント2倍

ときめきポイントの優待加盟店で支払いをすると、通常の2~3倍のポイントが獲得できます。

優待加盟店は実店舗とオンラインショップの2種類あります。

一般加盟店:ポイント2倍
・コスモ石油
・ワタミグループ
・タカキュー

オンラインショップ加盟店:ポイント2倍
・日本航空
・近畿日本ツーリスト
・サンエックスネットショップ

オンラインショップ加盟店:ポイント3倍
・RHトラベラー株式会社

ときめきポイントTOWN経由で買い物をする

ネット通販を楽しむ女性

イオンクレジットサービスが運営する「ときめきポイントTOWN」を経由して、対象のネット通販ショップで買い物をすると、ときめきポイントが最大12倍も獲得できます。

イオンスクエアのショップもポイントアップ対象店なので、貯まるポイント分、お得に買い物ができます。

ポイント2倍
・楽天市場
・Amazon.com
・Yahoo!ショッピング
・ベルメゾンネット
・DHC オンラインショップ

ポイント3倍
・LOHACO(ロハコ)
・おうちでイオン イオンショップ
・ベルーナ(Belluna)
・オルビス オンラインショップ
・伊勢丹、小田急

ポイント4倍
・フェリシモ
・アイリスプラザ
・@cosme shopping(アットコスメショッピング)
・マルイ、三越、高島屋、大丸松坂屋、東急百貨店、阪急百貨店

有効期限は最大2年間(延長なし)

カレンダー

有効期限は最長で2年間です。

ときめきポイントの有効期限日(失効日)はカード会員の誕生月で変わります

誕生月11日から翌年の誕生月10日ポイント獲得期間になり、その期間中に獲得したポイントの有効期限は2年後の誕生月の末日です。

例:誕生月が9月の人の場合

ポイント獲得期間:2018年9月11日~2019年9月10日
上記期間で貯めたポイントの有効期限:2020年9月30日

家族カードを利用した際に貯まるポイントは、全て本会員カードに貯まるようになっているので、改めてポイント合算する必要はありません。

クレジットカードのポイントは「年1回使えば、全ポイントの有効期限が延長する」という場合も多いのですが、ときめきポイントは延長なしです。

その為、ときめきポイントの有効期限を迎える前、毎年の誕生月末日までに、ときめきポイントを忘れず交換することが必要になります。

ときめきポイントのお得な使い方

ポイント交換

貯まったときめきポイントは「イオングループの対象ネットショップの支払いに使う」と「商品やポイント、金券と交換する」の2種類の使い方があります。

いずれも1,000ポイント以上から使えるor交換可能なので、毎月の利用明細を見て、ポイントの失効に注意しながら「何に使おうか」を考えてみてください。

対象ネットショップで買い物

ショッピング

最も交換の手間が少なく、すぐに使えるのが、対象のネットショップの買い物の際に、ときめきポイントで支払う「ときめきポイント決済」です。

ときめきポイントから直接交換できる商品もありますが、ネットショップでの買い物の支払いに使うことで、より自分の欲しいものが手に入りやすく、商品の選択肢の幅も広がります。

対象となるネットショップは、イオンのショッピングサイト「イオンスクエア」の一部ショップです。

ときめきポイントで支払い可能なネットショップ(一例)

  • イオンショップ(ギフト)
  • AEON de WINE(ワイン)
  • AEON BIKE(自転車)
  • AEON STYLE fashion(ファッション)
  • イオンボディ(美容、健康、自然食品)
  • KIDS REPUBLIC(ベビー、キッズ)

※イオンネットスーパーやイオンdeドラックは対象外です。

いつも通りネットショップで買い物後、決済手続きの画面で、(イオンマークの付いた)カード情報を入力すると「決済内容の確認」にて、利用するときめきポイント数を選択できます。

ときめきポイントは1,000ポイント以上500ポイント単位で利用可能で、1回の支払いで5万ポイントまで使えます。

ポイントで支払い切れなかった分の金額は、クレジットカードでの支払いになります。

一つ注意したいのが、イオンカードでの支払い金額に対して、ときめきポイントが貯まるので、ときめきポイント決済分はときめきポイントが付与されません。

WAONポイント・モバイルWAONに交換する

WAONポイント

ときめきポイントをWAONポイントに交換後、更に電子マネーWAONに交換すれば、イオンやマックスバリュ、ミニストップなどイオン系列のお店での支払いに使えます。

電子マネーWAONでの支払いでWAONポイントが貯まり(200円ごとに1ポイント)、また電子マネーWAONに交換すれば、買い物に使えてムダがありません。

おサイフケータイ(R)搭載のスマホや携帯電話があれば、WAONステーションやイオン銀行ATMまで行かなくても、モバイルWAONアプリから自宅にいながら簡単に交換手続きができます。

ときめきポイントからWAONポイントへの交換方法

1.暮らしのマネーサイトMyPageにログインする。

2.トップページにある「ポイント確認・交換」を選択する。

3.「ポイント交換手続きを行う」→「WAONポイントへの交換」と進む。

4.WAONポイントに交換するときめきポイント数を選択する(1,000ポイント以上、500ポイント単位)。

5.交換先(WAONポイントを受け取るWAON機能付き対象カード/クレジット情報が登録されたモバイルWAONアプリをダウンロードした携帯端末)を選ぶ。

6.内容を確認後「手続き申込み」を押す。

7.WAONポイントは「WAONステーション、イオン銀行ATM」、モバイルWAONは「モバイルWAONアプリ」からポイントの受け取り手続きを行なう。

ときめきポイントとWAONポイントとの違い

ときめきポイントとWAONポイント

◆ときめきポイント
イオンマークの付いたクレジットカードで支払いにより貯まる、クレジットカード会社のポイントです。

毎月の利用額に応じて、200円ごとに1ポイントのときめきポイントが貯まります。

イオンの対象ショッピングサイトで「ときめきポイント決済」をすれば、交換しなくても、直接代金の支払いができます。

◆WAONポイント
電子マネーWAONでの支払い、WAON POINTカードやイオンカードの提示+現金払いで貯まるポイントです。

1回の支払い金額に応じて、200円ごとに1ポイントのWAONポイントが付与されます。

WAONポイントを電子マネーWAONと交換することで、イオン系列のお店で使えます。

他社ポイントやギフト券への交換は損?

疑問

他社ポイント(1,000ポイント以上)
・d POINT
・Suica(イオンSuicaカード限定)
・JALマイレージバンクのマイル(JALマイレージバンク(JMB)限定)
・コジマポイント(コジマ×ビックカメラカード限定)
・ベネッセポイント(ベネッセ・イオンカード限定)
・ETC無料通行(イオン NEXCO中日本カード限定)
・E-NEXCOポイント(イオンE-NEXCO passカード限定)
・JRキューポ(イオンSUGOCAカード限定)

他社ポイントやマイルへの交換は対象カード限定が非常に多いです。

イオンカードセレクトやイオンカードをお持ちの方は「WAONポイント/WAON POINT」または「d POINT」の2択になります。

d POINTを利用するにはd POINT CLUBへの入会が必要になりますが、ローソンやマクドナルド、ドトール、サンマルクカフェなど、イオングループ以外でも使えるのが便利です。

ただし移行手続きに応募から約2ヶ月かかるので、ポイントをすぐに使いたい場合は、ほぼ即時のWAONポイントを選んだ方が良いと思います。

商品券・ギフト券
・ワタミグループ食事券(2,000円分):1,000ポイント
・イオンコンパス 海外パッケージ旅行利用券 (3,000円分):2,000ポイント
・イオンシネマ ペア映画鑑賞券「ACチケット」(1,500円分✕2枚):3,000ポイント
・ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R) スタジオ・パス1枚:6,400ポイント
・家事玄人(カジクラウド)らくらくお掃除セレクトパック:12,000ポイント

ときめきポイントが目減せず、お得に感じやすい交換先(商品券・ギフト券)は上記の通りです。

例えばワタミグループ食事券は、額面に対して交換ポイントが1/2で済み、お得感を感じやすいと思います。

USJの1デイ・スタジオ・パスは通常大人7,600円(税込)もすることを考えると、6,400ポイントで交換できるのは非常にお得です。

ただしときめきポイントには有効期限があるので、イオンカードで大きな買い物をした時くらいしか狙えるチャンスがありません…。

ちなみにイオンカード(ミニオンズ)は、USJでの利用でポイント10倍になり、ミニオンズのオリジナルグッズとも交換可能です。

他にもイオン商品券、JCBギフトカード、カスミ商品券への交換も可能ですが、交換手数料が250ポイントかかります

イオングループでの買い物で利用する際は、WAONポイントに交換した方が250円分節約できます。

ときめきポイントを賢く活用するには?

クレジットカード広場 管理人の意見

イオンカードの利用で貯まるときめきポイントは、有効期限(最大2年間)があります。

毎月の利用明細とポイント数を確認しながら「後、どれだけ利用をすれば、交換可能なポイント数まで貯まるのか?」

特に公共料金などの支払先にイオンカードを指定していない場合は、基本的に「買い物の利用でしか貯まらない」ので、普段の買い物でポイント多くを貯めていく意識が必要不可欠です。

またときめきポイントを利用、交換する時は、ポイント数が目減りせず、お得に感じるものに使うのが鉄則です。

交換先に悩んだ時はWAONポイントにすれば間違いありません。WAONポイントを電子マネーに交換することで、WAONポイントがまた貯まります。

イオンカードセレクトでは、入会キャンペーンで最大6,000ポイントのときめきポイントプレゼントなど、期間限定でポイントがかなり多く獲得できる場合もあります。

数千ポイント分が一気に貯まる機会は滅多にないので、まずは「入会キャンペーンで獲得したときめきポイントをどう活用するか?」を考えてみると、後々に交換する時にも悩まずに済むと思います。

次の記事は「無料で使える評判の一枚!イオンJMBカード(JMB WAON一体型)の凄さ」です。

イオンJMBカード(WAON一体型)は、JALマイレージバンクとイオンカードの提携カードです。

年会費無料で使えるだけでなく、JALマイルが効率よく貯まる人気の一枚です。もちろん、すでにイオンカードをお持ちの方でも申し込めます。