学生におすすめの三井住友カードを比較、社会人になると切り替えが必要?

ランキング

大学生

クレジットカードには年齢制限があり、18歳以上(高校生不可)しか申し込みできません。

そのため、大学や専門学校へ進学したタイミングで、新規にクレジットカードを申し込む人は多いです。

買い物の支払いにクレジットカードを使っている先輩や友人がいると「自分もそろそろクレジットカードを持った方が良いかも…」と思い始めます。

数多くあるクレジットカードの中で、三井住友VISAカードは名前だけでも聞いたことがある人は多いと思います。

TVCMなどで知名度が高く、ブランド力がある定番のクレジットカードなので、初めての人でも安心して使えます。

そんな三井住友カードですが、実は学生向けの特別なクレジットカードカードを発行しています。

三井住友カードが提供している学生向けクレジットカードは「デビュープラスカード」、「クラシックカード」、「アミティエカード」が挙げられます。

それぞれ一般カードもありますが、それらと比較しても、かなりお得なスペックになっています。

また学生カードは総利用枠が「10~30万」と、一般カードの「10~80万」と比較して低いので、使い過ぎの防止にも役立ちます。

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

デビュープラスカードのスペック
・18歳~25歳限定
・年会費:初年度無料、2年目以降も年1回の利用で無料
・いつでもポイント2倍
・入会後3ヶ月間はポイント5倍
・26歳以降の更新でプライムゴールドカードに切り替え

学生専用特典
特になし

はじめてクレジットカードを持つ学生に評判なのが、「三井住友VISAデビュープラスカード」です。

ネット申込で最短3営業日のスピード発行が可能です。

入会資格が18歳から25歳の人と年齢制限を加えることで、その分、お得な特典を提供しています。

デビュープラスカードの大きな特徴として、通常の三井住友VISAカードと比較してポイントが2倍貯まることです。(還元率は1%)

さらに入会後3ヶ月はポイントが5倍となるため、還元率が2.5%にまで跳ね上がります。

大学生や専門学生になると、自分のお金での買い物や飲み会の機会が増えます。

そのため、値引きのない飲食代や酒類なども含めて、ポイントによって実質的な値引きが受けられるのは助かります。

年会費は初年度無料、2年目以降も年1回以上使えば、ずっと無料で使い続けられます。

(1年に一度も使わなかった場合は年会費として1,250円+税がかかります)

26歳以降の更新で三井住友プライムゴールドカードに切り替え

三井住友VISAプライムゴールドカード

デビュープラスカードは、26歳になった後の更新で、自動的に「三井住友プライムゴールドカード」に切り替わります。

プライムゴールドカードは、20代限定のゴールドカードです。

一般的な三井住友VISAカードよりも特典やサービスが充実しており、26歳にしてゴールドカードデビューできます。

さらにプライムゴールドカード会員は、30歳になってから最初のカード更新時にゴールドカードにアップグレードされます。

そのため「若い内にゴールドカードを持ちたい」と思う人は、まずはデビュープラスカードからスタートして、プライムゴールドカード → ゴールドカードとステップアップしていくのが近道です。

三井住友クラシックカード

三井住友VISAカード

三井住友クラシックカードのスペック
・旅行保険付帯
・年会費は初年度無料、2年目以降は1,250円+税(割引特典あり)

学生専用特典
・年会費は在学中無料

三井住友カードのド定番カードが、三井住友クラシックカードです。

本来、三井住友VISAカードと言えば、「三井住友クラシックカード」を指します。

目立った特典としては「海外旅行保険」が付いていることです。

海外旅行に行く際、旅行会社からすすめられる旅行保険にお金を払っていませんか?

三井住友クラシックカードで旅行代金を支払うと、自動的に最高2,000万円の海外旅行保険が付くため、旅行時に有料の保険を買う必要がなくなります。

ポイント還元率は0.5%と、デビュープラスカードに劣ります。

ただし「定番の一枚」として、年齢や利用シーンを問わず、どんな場所でも使えます。

三井住友クラシックカードの年会費は、初年度無料、2年目以降は有料です。

しかし、学生カードに関しては2年目以降も「在学中はずっと年会費無料」で使えます。

ちなみに、クラシックカードには、旅行保険の補償内容がより強化された「クラシックカードA」もあります。

クラシックカードAの場合は、在学中は初年度無料、2年目以降は年会費250円+税かかります。

どちらも国内旅行に関する補償はないので、留学や旅行で海外に行く機会が多い人は、クラシックカードAを選ぶ価値があります。

卒業後は同じカードを継続(年会費が有料になる)

三井住友VISAカード

デビュープラスカードとは違い、三井住友クラシックカードには年齢制限がありません。

そのため、ある年齢に達したら別のクレジットカードに切り替わることがなく、カードの有効期限を迎えても、更新カードは三井住友クラシックカードのままで変わりません。

ただし大学や専門学校を卒業後は年会費が有料(1,250円+税)になります。

学生用カードの申し込みには、卒業予定年を記入する欄があります。

そのため、卒業予定年度を迎えた後は、自動的にカードの年会費が有料になります。

三井住友カードには年会費割引特典があり「WEB明細書サービスの利用」や「マイ・ペイすリボの登録と利用」で、翌年度以降の年会費を安くする方法もあります。

ちなみに大学院への進学や留年などで、学校にまだ学籍がある場合は、カード会社に連絡をすれば、引き続き学生カードとして利用できます。

三井住友VISAアミティエカード

三井住友VISAアミティエカード

三井住友VISAアミティエカードのスペック
・海外・国内旅行傷害保険の補償内容が充実
・スマホやケータイ利用料のポイントが2倍
・年会費は初年度無料、2年目以降は1250円+税(割引特典あり)
女学生向けのお得なカード

学生専用特典
・年会費が在学中無料

大人の女性を思わせるスタイリッシュなデザインが特徴的な「アミティエカード」は、女性向けのクレジットカードです。

上記で紹介した三井住友VISAクラシックカードと比較して、旅行保険を始め、アミティエカードだけの特典がいくつか追加されています。

具体的には、旅行保険が最高2,500万円まで補償されます。

さらに、海外旅行だけでなく国内旅行も保険の対象となります。

そして、旅行代金を三井住友VISAアミティエカードで支払っていなくても、カードを持っているだけで旅行保険が適用されます。(この場合は補償額が減額されます)

また、月々の携帯電話料金を支払う際、アミティエカードで支払いをすると、携帯料金に関しては、ポイントが2倍(還元率1%)となります。これもこのカードだけの特典です。

三井住友VISAアミティエカードも、通常は2年目以降が有料です。

ただし学生専用カードに関しては、在学中はずっと年会費無料で使えます。

卒業後は切り替えなしだが、年会費が有料に

アミティエカードは学校卒業後も引き続き利用できます。

デビュープラスカードのように別のクレジットカードへの切り替えはありません。

卒業後は年会費が有料となり、1,250円+税かかります。

ただし年会費が割引になる利用方法もいくつかあるので、それほど負担を感じずに使えると思います。

その中でも「マイ・ペイすリボの登録+年1回以上の利用」は、年会費を無料にする最も簡単な方法です。

マイ・ペイすリボとは「毎月のカード利用額の支払いが、自動的にリボ払いになる」支払い方法になります。

リボ払いに利用を躊躇するかと思いますが「毎月の支払い金額=カード利用額」にすれば、実質1回払いになるので、リボ払い手数料を気にする必要がありません。

マイ・ペイすリボを実質1回払いにする方法

三井住友カードをお得に使う活用術

ポイント還元

三井住友カードの申込みを躊躇する理由には「お得感の低さ」があると思います。

一般カードで年会費永年無料のクレジットカードは多く、さらにポイント還元率も高いカードはよく見かけます。

それでも三井住友カードならではの「ステータス性」や「(特にデビュープラスカードの)育てる楽しみ」は捨てがたい魅力です。

三井住友カード所有者の私が、少しでもお得にクレジットカードを使うためのちょっとしたコツについて紹介したいと思います。

後払い型電子マネーiDも使える

id

また、三井住友カードは電子マネーの「iD」と相性がいいのも特徴です。

iDをカードに一体型として付帯できるので、コンビニの支払いなどでは、カードをサッとかざすだけで、すぐに支払いが完了します。

もちろん、iDで支払った金額もポイント還元の対象なので安心です。

三井住友カードで貯まるポイントは、「ワールドプレゼントポイント」です。

通常は1,000円につき1ポイントなのですが、三井住友VISAデビュープラスカードの場合だと、1,000円で2ポイント、入会後3ヶ月だと5ポイント貯まります。

ワールドプレゼントは、1ポイント=約5円の価値があります。

オンラインギフトカードとの交換や他社ポイントへの移行(WAON、楽天スーパーポイント、dポイント、au WALLET)に使えるので、ポイントの使いみちに困りません。

個人的におすすめのポイント交換先は「iDバリュー」です。

電子マネーiDの利用額にワールドプレゼントポイントを充当できるので、実質的な値引きになります。

ポイントUPモールでさらに爆増する還元率

ネット通販(スマホ・PC)

三井住友カードが運営している「ポイントUPモール」を経由してネット通販を利用すると、さらにポイント還元率がアップします。

ポイントUPモールには、楽天市場やAmazon、Yahoo!ショッピングやエクスペディアなど、数多くのネットショップが参加しています。

利用方法はとても簡単です。

1.ポイントUPモールにアクセスする
2.楽天市場など目当てのショッピングサイトに移動する
3.いつも通り買い物
4.支払いを三井住友VISAカードを使う
利用額に応じたポイントアップ

例えば、格安旅行サイトのエクスペディアでは、ポイントが6倍にアップします。楽天やAmazonでも2倍にアップするので、忘れずに活用したい特典となっています。

私が個人的に三井住友カードが使えると思うワケ

管理人の評価

私自身も、三井住友VISAカードの長期愛用者です。

ポイント還元率など、総合的に見るとお得感は少ないのですが、クレジットカードのド定番という安心感と、利用シーンを選ばず使えることから、重宝しています。

クレジットカードを使う機会が増えると「このカードを人前で出しにくい」という場面に必ず出会います。

特にキャラクターカードを利用している人にとっては、それは顕著だと思います。

そんな時でも、三井住友VISAカードであれば、悪目立ちせず、スマートに会計できます。

「社会人になった時、人前に出しても恥ずかしくないクレジットカードを持ちたい」「将来的にゴールドカードを持ちたい」と思う人は、学生の内から三井住友カードを持つメリットは大きいと思います。