デメリットあるの?レックスカードライトを持つ前に知っておく3つのこと

REXカードLiteのデメリット

お得だと思って作ったレックスカードライトが実はそうでもなかった…
こんなはずじゃなかったのに…

とならないために、レックスカードライトのデメリットについてまとめました。

REXカードLiteのデメリット3つ

REXカードLiteを作る前に知っておきたいことは3つあります。

年間50万円以上使うなら通常のREXカードを

REXカードの比較

REXカードには大きく分けて2種類あります。

通常のREXカードは、年会費が有料となってしまう代わりに、ポイント還元率が0.5%高く設定されています。また、年間50万円以上使うと年会費が次年度無料になる特典もあります。

これらの特典をすべて考えた上でのポイント比較が、上記のグラフとなります。
年間利用金額50万円まではレックスカードライトの方が有利ですが、50万円をさかいにして、使えば使うほど通常のREXカードの方がポイント還元額が上回ることになります。

年会費無料」という文字はとても魅力的です。
全く使わなくても一切損がないわけですから。

しかし、もしあなたが年間50万円以上クレジットカードを使っているなら、REXカードLiteを選ぶことは、ポイントGETの機械損失を生み出してしまうことになります。

これがREXカードLiteの最大のデメリットと言えます。

nanacoチャージでポイントが付かない

これは、どちらのREXカードにも共通するデメリットです。
ポイント還元率で評判のレックスカードライトですが、残念ながら電子マネー「nanaco」のチャージは、ポイント還元の対象外となります。

よって、nanaco(ナナコ)を使うことが多い人にとってはレックスカードライトの魅力は少し薄れてしまうかもしれません。

しかし、「モバイルSuica」と「SMART ICOCA」のチャージについてはポイント還元の対象となるので、1.25%値引きで電子マネーチャージが行えます。

詳細については「nanaco対象外!REXカードを電子マネーチャージで使う時の注意点」をご覧ください。

同時申し込みは避けよう

REXカードに申し込む時に一番注意したいのが「同時申し込みしてしまうこと」です。
どちらのカードを選べばよいかわからない、じゃあ両方申し込んでしまえ!と思ってしまいがちです。

しかし、口コミによると

といった意見が見られます。
つまり、REXカードの発行会社であるジャックスカードに、2枚同時にカード申し込みをしたり、ジャックスカードの審査に落ちたばかりなのに、すぐ違うカードを申し込みし直すことは、デメリットにしかなりません。

噂ではジャックスカードの限度額はすべてのカードで共通とのことです。
つまり、あなたの与信枠が50万円だった場合、2枚申し込んでしまうと25万円ずつの限度額になってしまうケースがあるのだとか。

REXカードとLiteを2枚同時持ちすることは決して禁止されてはいません。
しかし、2枚同時に申し込むことは審査落ちを招きかねないので、どちらのカードを選ぶべきか、慎重に検討することをおすすめします。

クレジットカードソムリエはづきにお任せ!はじめてのカード診断

Apple Pay対応の年会費無料クレジットカード
人気のセゾンカードを比較してみる!種類が多すぎてわからない件について
年会費無料で使えるETCカード
即日発行OK!スピード審査が評判のクレジットカード4枚を比較してみた
Tカードが年会費無料で使えるお得なクレジットカードランキング
ポイント還元率で選ぶ!お得なクレジットカードランキングTOP5
イオンカードセレクト