入会特典でポイントが倍増する無料のクレジットカードまとめ

ポイント倍増

クレジットカードを使うとポイントが貯まるので少しお得に商品を購入できます。

中には、年会費無料のクレジットカードなのに太っ腹な入会特典を進呈していることも多く、特に入会後すぐはその恩恵を受けやすいメリットがあります。

今回は、年会費無料で使えて入会特典が激アツなクレジットカードを紹介します。

見逃せない入会特典を提供しているクレジットカード4選

入会時にポイントアップが期待できるカードは4枚ありました。なお、今回はリボ払い系のカードは外しています。

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード

入会後3ヶ月はポイント5倍(ポイント還元率2.5%)

大学生や20歳前後の方で、はじめてクレジットカードを作る人によく選ばれているのが特徴。言わずと知れた若者に人気のクレジットカードです。

ただし、三井住友VISAデビュープラスカードは25歳以上の人しか持てません

入会特典のポイント5倍は非常にメリットがあるのですが、その他にも電子マネーiD、WAONが使えたり、年間100万円のショッピング保険も付いているので、スペックは高いです。

利用限度額も最大80万円なので、初めて使うクレジットカードとしては、三井住友VISAデビュープラスカードは大変適していると思います。

ちなみに、入会後3ヶ月が経過しても通常の三井住友VISAカードより2倍ポイントが貯まりやすいので、還元率1%で使い続けることができます。

年会費は初年度無料、2年目以降は年1回以上の利用で無料となります。

名前を見ても分かる通り、もともと「クレジットカードを初めて持つ若い人向け」に作られたカードなので審査に通りやすいです。

18歳~25歳の方であれば、本人に収入がなくても申込ができます。高校生は不可ですが、大学生や専門学生、フリーターの方でも問題ありません。

ちなみに、25歳を過ぎてから最初の更新時に、自動的に三井住友プライムゴールドカードにアップグレードされます。三井住友プライムゴールドも格安のゴールドカードとして若い方に人気なのですが、少なからず年会費がかかるので、年会費を一切支払いたくない方はその時点で解約することも可能です。

クレジットカードの更新は5年に1度なので、最大で30歳まで三井住友VISAデビュープラスカードを使い続けられます。

JCB CARD EXTAGE

JCB CARD EXTAGE

入会後3ヵ月はポイント3倍(ポイント還元率1.5%)

三井住友VISAデビュープラスカードの対抗カードとして人気のJCB CARD EXTAGE(エクステージ)。VISAならデビュープラス、JCBを選ぶならエクステージという感じです。

ポイント還元率については三井住友VISAデビュープラスカードに劣る印象がありますが、JCB CARD EXTAGEは29歳までなら申込できるのがメリットです。

同じく、29歳以降の最初の更新で自動的に通常のJCBゴールドカードにアップグレードされます。JCBゴールドカードは年会費1万円+税が必要なので、払うのが嫌であればその時点で解約することになります。

最も、29歳から更新年となる5年後、つまり最大で34歳までJCB CARD EXTAGEを使い続けられます。

入会後3ヶ月が経過した後は、初年度のみ1.5倍のポイント(還元率は0.75%)、また海外利用分は2倍(還元率1.0%)と言ったプチお得感は続きます。

逆に、三井住友VISAデビュープラスカードを上回る特典としては、最高2,000万円の海外旅行保険が付いていることです。その他、ディズニーデザインが選べるという点も魅力。

また、もう一つの差別化としてJCB CARD EXTAGEは無条件で年会費無料という強みがあります。クレジットカードをほとんど使う予定がない方にはおすすめです。

JCB CARD EXTAGEも審査は緩く、18歳~29歳の方であれば学生の方でも申し込めます。また、本人に収入がない専業主婦の方でも申し込めます。

オリコカード・ザ・ポイント

オリコカードザポイント

入会後6ヶ月はポイント還元率が1%アップ

申込に年齢制限がなく、しかも年会費永年無料で使えるクレジットカードです。

オリコカード・ザ・ポイントは特にAmazon.co.jpを始めとするネット通販を利用した場合に強みを発揮するカードです。

このカードは、オリコが運営しているポイントアップモール「オリコモール」を使うと獲得できるポイントが上がる仕組み。ポイントの計算方法は少しややこしいのですが、

合計すると2.5%以上の還元になるという仕組み。
逆に言うと、オリコモールに参加しているネット通販以外の場所で使うと、入会後6ヶ月でも2%、その後は1%還元のカードとなります。

オリコモールには、楽天市場、Amazon.co.jp、Yahoo!ショッピングなどの超有名通販サイトが参加しているので、ネット通販専用のカードとして使うことをおすすめします。

また、電子マネーのiDとQUICPayが両方搭載できるというのも、オリコカード・ザ・ポイントの強みですが、旅行保険などの付帯サービスは一切付いていません。

お申込みはこちら(年会費永年無料)

番外編:ライフカード

ライフカード

入会後1年間はポイント1.5倍(ポイント還元率0.75%)
毎年 誕生月にポイント3倍(ポイント還元率1.5%)

最後に番外編として、ライフカードも紹介しておきます。

ライフカードは年会費無料で使うことができるクレジットカードなのですが、最大の特典として毎年の誕生月にポイントが3倍になるというものがあります。還元率に直すと1.5%で、三井住友VISAデビュープラスカードなどの入会特典と同じ水準です。

誕生日は毎年訪れるので、誕生月に爆買いするための専用カードとして使っている人も多いです。

入会特典で高いポイント還元率を維持しつつ、誕生月はライフカードで3倍ポイントを獲得するというのが、クレジットカードのプロが実践している手法は結構使えます。

また、あまり知られていない重要な事実があります。一般的に、クレジットカードを使って電子マネーのチャージをしてもポイントが得られないことがあります。なぜなら、電子マネーは現金のようなものなので、電子マネーにチャージをして、チャージ金額に対してクレジットカードのポイントをゲットすると、カード会社としては損だからです。

前述の三井住友VISAデビュープラスカードやJCB CARD EXTAGEも、電子マネーチャージに対してはポイント付与の対象外となっています。

しかし、ライフカードはモバイルSuica・SMART ICOCA・au WALLETの電子マネーチャージでポイントが付くという特徴があります。

モバイルSuicaとSMART ICOCAは上限2万円までチャージ可能です。au WALLETは上限10万円までなのですが、MasterCardブランドのライフカードを選んだ場合のみチャージできます。

そしてさらに凄いのは、誕生月を狙って電子マネーにチャージすると付与されるポイントも3倍になるんです。これはあまり知られていないのですが、とても強力なライフカードのメリットです。

いかがでしたか?

20代の方は、三井住友VISAデビュープラスカードかJCB CARD EXTAGEのどちらか一方を持っておいて損はないと思います。

実際、かなりお得なスペックになっているので申し込む人も多い人気のクレジットカードです。

ネット通販をよく利用する人は、専用カードとしてのオリコカード・ザ・ポイント、そして誕生月専用のライフカードと、上手く使い分けをすることで獲得できるポイントは大きく増やせます。

とあるアンケート調査では、多くの人がクレジットカードを2枚以上所有して使い分けているというデータもありますので、上記を参考にしつつお得にポイントを貯めてくださいね。

Apple Pay対応の年会費無料クレジットカード
人気のセゾンカードを比較してみる!種類が多すぎてわからない件について
年会費無料で使えるETCカード
即日発行OK!スピード審査が評判のクレジットカード4枚を比較してみた
Tカードが年会費無料で使えるお得なクレジットカードランキング
ポイント還元率で選ぶ!お得なクレジットカードランキングTOP5