nanacoチャージもOK!JMBローソンPontaカードVisa対象の電子マネーは?

Pontaとnanaco

Ponta(ポンタ)とJMBがタッグを組んだ年会費無料の人気カード「JMBローソンPontaカードVisa」は、クレジットカードの利用に応じてポイントが貯まります。

利用金額1,000円ごとに5Pontaポイントが付与されるので、ポイントの使い道にも困りません。(還元率は0.5%)

何かと使い勝手の良いJMBローソンPontaカードVisaですが、「電子マネーのチャージでもポイントがもらえるのか?」検証してみました。

結論からいうと、例えばnanacoチャージではポイントが貯まります
電子マネーが実質0.5%値引きでチャージできるというのは大変お得ですよね。

ポイントが貯まる電子マネー

ポイント対象の電子マネー

調べてみてわかったのは「JMBローソンPontaカードVisa」は電子マネーにかなり強いということです。これは、隠れたメリットと言ってもよいのではないでしょうか。

代表的な4つの電子マネーとなる、

これらすべてのチャージがポイント付与の対象です。
nanacoはもちろん、楽天EdyやモバイルSuicaの電子マネーチャージも1,000円ごとに5ポイントの還元なので、実質0.5%値引きで購入できます。

一般的なクレジットカードでは、nanacoはOKだけど楽天Edyはポイント対象外など、電子マネーチャージに関してはある程度規制されているケースが多いです。

しかし、JMBローソンPontaカードVisaに関しては、対象外となる電子マネーはなく、すべてポイント還元の恩恵を受けることができます。

JMBローソンPontaカードVisaのこのメリットは口コミでも評判です。

▼口コミをもっと見たい方はこちら▼

ポイント還元対象外の電子マネー

ポイント対象外の電子マネー

逆に、対象外となる電子マネーは「WAON(ワオン)」と「PASMO(パスモ)」です。
これらは、ポイント還元の対象外というわけではなく、そもそもJMBローソンPontaカードVisaを使って、電子マネーチャージができません。

PASMOやWAONのチャージをする場合は、イオンカードなどその他のクレジットカードを利用することをおすすめします。

まとめ

JMBローソンPontaカードVisaでは、nanacoを含む主要な電子マネーチャージはすべてポイント還元の対象です。

ポイント還元率こそ高くありませんが、どの電子マネーをチャージしても実質的に0.5%安く手に入れることができるのは、ローソンPontaカードVisaのメリットです。

JMBローソンPontaカードVisaは年会費無料で持てるクレジットカードなので、「電子マネーチャージ専用カード」として保有しておくのも良いと思います。

Apple Pay対応の年会費無料クレジットカード
人気のセゾンカードを比較してみる!種類が多すぎてわからない件について
年会費無料で使えるETCカード
即日発行OK!スピード審査が評判のクレジットカード4枚を比較してみた
Tカードが年会費無料で使えるお得なクレジットカードランキング
ポイント還元率で選ぶ!お得なクレジットカードランキングTOP5

JMBローソンPontaカードVisa