【2倍】JCB EITのポイント還元率はどれくらい?お得感を比較してみました

JCB EIT

年会費無料で使えるJCBカードとして最も代表的なのは、おそらく「JCB EIT(JCBエイト)」だと思います。雑誌のクレジットカード特集でも必ず取り上げられるほどの定番カードとして知られています。

JCB EITは、「8つのメリットがあるカード」として有名ですが、その中でも「ポイント還元率が通常の2倍」である点は、選ぶ上で気になる点だと思います。

実際に、ポイント還元率はどれくらいなのか?など、JCB EITのポイントについて調べてみました。

JCB EITのポイント還元率は1%

まず、「ポイント2倍」とは、何に対して2倍なのか?ということですが、これは通常のJCBカードに対してポイント還元率が2倍という意味です。

JCB EITでは、クレジットカード利用1,000円ごとに2ポイントが貯まります。通常のJCBカードの場合は、1,000円で1ポイントです。

ポイントは、JCBが展開している「Oki Dokiポイント」として付与されます。

続いてポイント還元率について。JCBカードのポイント還元率について知るには、まずOki Dokiポイントについて知る必要があります。この、Oki Dokiポイントは、「1ポイント=約5円」の価値があります。

よって、JCB EITは1,000円ごとに2ポイント(10円分の価値)となるので、ポイント還元率は1.0%となります。年会費無料で使えて還元率が1%のクレジットカードと考えると、やはりメリットは大きいです。

Oki Dokiポイントの使い道

1ポイント約5円の価値があるOki Dokiポイント。さまざまなカタログギフトや他社ポイントと交換できるので、使い道には困らないと思います。

以下に、Oki Dokiポイントの交換例をご紹介します。

■Oki Dokiポイント1pointあたり

・電子マネーnanaco:5ポイント
・Tポイント(自動移行コース):5ポイント
・ドコモポイント:4ポイント
・Amazon.co.jp:3.5円分

その他多数。
ポイント交換以外にも、カタログギフトとの商品交換もできます。

個人的には、電子マネーとして使えるnanacoや、携帯電話の機種変更時に使えるドコモポイントなど、使う機会が多いものと交換することをおすすめします。

また、定期的に増量キャンペーンなども行っているので、チャンス時に一気に消化することで、より効率的にポイントを活用できます。

例えば、記事執筆時には「ドコモポイント25%増量キャンペーン」が実施されていました。仮にこのキャンペーンを活用したとすると、Oki Dokiポイントの価値は1ポイント=6.25円となり、実質的なJCB EITのポイント還元率は1.25%になります。

「貯めたポイントを何と交換するか?」が、効率的にポイントを使うコツです。

Oki Dokiポイントの有効期限は、付与されてから2年間です。ポイントが失効してしまう前に消化するようにしましょう。

いかがでしたか?

JCB EITは年会費無料で使えるクレジットカードです。ポイント還元率が通常の2倍で、実質的には1%の還元が受けられます。

また、貯めたOki Dokiポイントをキャンペーン時に消化するなどすれば、さらにポイント還元率をUPさせることも可能です。

その他にも、JCB EITには合計8つのメリットがあります。こう考えると、改めて雑誌のクレカ特集で取り上げられることが多い理由も、納得できますよね。

Apple Pay対応の年会費無料クレジットカード
人気のセゾンカードを比較してみる!種類が多すぎてわからない件について
年会費無料で使えるETCカード
即日発行OK!スピード審査が評判のクレジットカード4枚を比較してみた
Tカードが年会費無料で使えるお得なクレジットカードランキング
ポイント還元率で選ぶ!お得なクレジットカードランキングTOP5
イオンカードセレクト