クレジットカード

8つの特典があるクレジットカード」として人気の高いJCB EITですが、デメリットがあることをご存知でしょうか?

それは、「JCB EITはリボ払い専用カード」だということです。毎月のクレジットカード請求金額を定額にしてくれる「リボ払い」は、望む人にとっては便利なサービスと言えます。

しかし、リボ払いはいわゆる分割払いと同じなので、金利に対して利息がかかります。(これを一般的にはリボ手数料と呼びます)

JCB EITのリボ手数料は「実質年利15.0%」で、これは決して低いものではありません。JCB EITを使って知らずにリボ払いを続けていると、思った以上に手数料を支払わなくてはならなくなる可能性もあります。

こうした理由から、「リボ払いは苦手、絶対にしたくない」という人も少なくありません。一方で、JCB EITは年会費無料でポイント還元率も高いです。また、カードデザインがオシャレなので、大変魅力的なカードだと思います。

リボ手数料を一切払うことなく、JCB EITを活用する方法
実はあるんです。今回は、その方法をご紹介したいと思います。

リボ払いが苦手な人がJCB EITを使うには?

前述しましたが、リボ払いは、クレジットカードの利用額を複数回に分けて支払う「分割払い」と同じです。つまり、リボ払いだろうと一括払いだろうと、支払い回数が2回以上にならなければ、手数料は一切かかりません

リボ専用カードであるJCB EITの支払い回数を1回にする方法は、

クレジットカードの限度額 = 月々のリボ払いの支払額

に設定すればOKです。

例えば、あなたのクレジットカードの限度額が30万円だったとします。

リボ払いの毎月の支払額は自分で設定、いつでも変更が可能です。カスタマーサポートに電話をするか、WEB管理画面から、毎月のリボ支払額を30万円に設定します。

すると、クレジットカードの利用金額が、5万円だろうと10万円だろうと、限度額いっぱいの30万円だろうと、すべて強制的に一括払いとして引き落としが実行されます。

1回の請求ですべての利用金額を支払えば、分割払いにはならないので、当然リボ手数料は発生しません。

この方法なら、リボ手数料を気にすることなく、安心して年会費無料のJCB EITが使えます。

リボ払いの設定金額を変更するには

JCB EITでは月々のリボ払い金額が、初期設定で5,000円になっています。つまり、毎月のクレジットカード請求金額は5,000円で済みますが、カードで3万円の買い物をしたら、6ヶ月かけて、6回に分けて払わなくてはなりません。

6ヶ月かけて支払うと、リボ手数料もそれなりにかかります。そこで、手数料がかからない最初の1ヶ月ですべて精算してしまうために、リボ払いの設定金額を変更します。

■ネットからの設定変更
インターネットからMyJCBにログインし、「お支払い方法の変更・照会」メニューから、いつでもリボの設定金額を変更できます。

■電話での設定変更
JCBのカスタマーサポートに電話を1本入れるだけでOKです。
24時間365日受付をしているので、カード発行後、すぐに電話をすると良いと思います。番号は0120-802-570。