SBIカードの電子マネー対応状況は?ポイント還元が得られるかも確認しました

Q&A

SBIカード

最近は、クレジットカードを選ぶ時に「電子マネーの対応状況」を気にする人が増えました。というのも、電子マネーを使うと「素早く支払えて便利」、「ポイントが貯まってお得」だからです。

例えば、プリペイド式の電子マネーに入金(チャージ)をする時に、クレジットカードを使ってチャージをすると、クレカのポイントが貯まります。しかし、電子マネーは実質的には現金と同じ価値があるものですから、クレカのポイントを考えると事実上「現金が安く買えてしまう」ことになるのです。

さらに、電子マネーの中には支払い時にポイントが貯まるものもあり、入金時(チャージ時)と支払い時の両方でポイントが貯まる、通称「二重取り」ができるケースもあります。

このように、かなりお得な状況があるため、カード会社が規制に乗り出しています。それが以下のような2つのケースです。

1.電子マネーチャージに使ってもポイントが付かない
(電子マネーチャージはポイント対象外)

2.そもそも特定の電子マネーのチャージには対応していない
(チャージすること自体が不可能)

では、SBIカードの場合はどうなのか、気になったので調べてみました。

SBIカードは電子マネーチャージに使えるの?

電子マネー対応状況

「SBIカード」は、ピンク色を含むマルチカラー展開をしているため、人気があります。

しかし、調べてみた結果、SBIカードはほとんどの電子マネーに対応しておらず、楽天Edyやnanacoのチャージには使えないことがわかりました。

せっかくポイント還元率が高いのに、電子マネーに対応していないとなると、SBIカードを選ぶメリットも薄れてしまいます。。。

ただ、すべての電子マネーチャージに対応していないわけではなく、唯一「au WALLETカード」へのチャージには対応していることがわかりました。

SBIカードからau WALLETカードへのチャージなら、1.2%のポイント還元もしっかりと得ることが可能です。

お得な合わせ技

SBIカードが唯一チャージできる電子マネー「au WALLET」は、主にau携帯のユーザーにとってメリットがあります。しかし、この両者の組み合わせは結構強力です。

なぜなら、SBIカードでチャージをした時に、その金額に応じてポイントの還元が得られるだけでなく、チャージした電子マネーを使って買い物をすると、その時にau WALLET側で発生するポイントが0.5%貯まるからです。

また、その他のクレジットカードでau WALLETへのチャージに対応しているものとして、

などが存在します。

いかがでしたか

SBIカードは5つのカラーデザインが選択でき、評判の年会費無料カードです。

しかし、電子マネーチャージへの対応状況は今ひとつ。。。これはSBIカードのデメリットとも言えます。

ただ、新しく登場した「auウォレット」へのチャージにだけはキッチリ対応しており、ポイント還元も行われます。