ブラックカードを持たないビル・ゲイツの話

更新日:

ビル・ゲイツ

アメリカでは、日本以上にアメリカン・エキスプレスカードが普及しています。
アメックスの最高カードは「アメックス センチュリオンカード」、これがブラックカードです。

アメリカには世界的な有名企業の経営者や投資家、映画スターなど、大金持ちやセレブが数多くおり、彼らの多くがアメックスカードを使っています。
マイクロソフトの創始者「ビル・ゲイツ」もその一人です。

ビル・ゲイツはマイクロソフトを設立し、世界中にWindowsのコンピューターを普及させた人で、世界一のお金持ちとしても有名な人物です。

しかし、ビル・ゲイツはブラックカードを持っていないという有名な話があります。

ビル・ゲイツが使っているのはアメックスグリーンカード

アメックスグリーン

アメリカンエキスプレスの通常カードは、緑色の券面であることから、通称「グリーンカード」と呼ばれています。

ビル・ゲイツが使っているクレジットカードは、アメックスのブラックカードではなく、実はグリーンカードです。

もちろんブラックカードを持つだけの資格と資産はありますが、あえてグリーンカードを所有しているのです。

それはなぜか?
いくつかの説があるようなので紹介します。

単純に緑色が好きだから

ビル・ゲイツは過去のインタビューで、お金周りのものに対しては色にこだわっていると答えています。
特に緑色と青色は成功に欠かせない色だということで、好んでいるようです。

クレジットカードも「お金周りのもの」としては例外ではありません。
緑色の券面のカードはある意味貴重ですから、アメックスのグリーンカードを選んだのかもしれません。

ビルゲイツは色の縁起をかつぐ意図から、財に関連する物の色にこだわってると
雑誌に書いてあったね。(大昔の来日時コメントだけど)

緑と青が好みとの事。成功には欠かせない色らしい。
参照:本当の金持ちほど平カード

ビル・ゲイツは倹約家である

世界一のお金持ちと言われるビル・ゲイツは、倹約家としても有名です。

■飛行機に乗るとき
できるだけエコノミークラスを利用している。
来日時に、マイクロソフト日本法人のスタッフから、ファーストクラスのチケットを渡されると、
「日本のマイクロソフトはこんな無駄遣いをする会社なのか。何だこのファーストクラスの搭乗券ってのは。1時間ちょっとのフライトに、何故そんな無駄に会社の金を使うんだ!」
と激怒した。

マスコミのインタビューでは、
「会社の金でも個人の金でも、無駄なことに金を使うことは理解できない。ファーストクラスの料金に何倍もお金を払ってみたところで、到着する時間は同じなのだから」
と答えた。

■ホテルに泊まるとき
部下がホテルの部屋を用意すると、
「こんな大きな部屋はもったいない。寝る場所があり、ネットにアクセスできればそれで良いのだから」
と言うことが多かった。

■食事も質素
ファーストフードが好きで、食事はマクドナルドが中心。

参照:ビル・ゲイツ(Wikipedia)

まとめ

ゴールドカードやプラチナカード、そしてブラックカードは、上位のカードになるほど特典も増えますが、同時に年会費も増えます。
そして、その年会費に見合うだけの価値があるのかどうかは常に疑問視されており、ステータスカードと言われるだけに「見栄」というものも見え隠れします。

ビル・ゲイツと世界一のお金持ちを争っている、著名投資家のウォーレン・バフェット氏も、「アメックスは以前ブラック・カードを送ってきてくれました。初年度無料でしたが2年目以降は年会費がかかるということで、送り返しました」という言葉を残し、グリーンカードを使っているそうです。

ビル・ゲイツのような本当のお金持ちは、費用対効果を常に考えてムダな年会費は一切払わないと考えているのかもしれません。

もっとも、ビル・ゲイツやウォーレン・バフェットぐらい有名になれば、たとえ所有しているクレジットカードがアメックスグリーンだったとしても、特別扱いで利用限度額は無制限になっていると思いますが。

プラチナカードを手の中に